fbpx

Opengate

動画マーケティング5つのポイント -2021年こそ動画マーケ!-

動画の活用、ちゃんとできていますか?動画の活用って難しいですよね。

動画を作ったものの、どう活用していいかわからないという話もよく聞きます。

でもそれって、とても

なぜなら?
動画はマーケティング戦略に効果的なツールだからです。

2021年の動画マーケティング

5Gの普及が始まったりと、スマホからのトラフィックの増加に拍車をかけたのが2020年でした。

また、コロナウイルス感染症対策ということで通勤時間がなくなり、時間に余裕ができて動画をみる時間が増えたという方もいるかと思います。

そのようなこともあり、2020年は過去最高の動画トラフィックを記録しています。

GlobalWwbIndexの調査によると、SNSでの動画コンテンツの視聴時間を増加しており、インターネットユーザーの56%がFacebook、Twitter、Instgram、Snapchatで動画を見ているそうです。

動画の消費量が増えている今、マーケティングにおける動画の重要性は、ますます高まっていくと多くの人が感じていると思います。

しかし、なぜ動画なのでしょうか?

それは記憶に残るからです。

一般的にテキストを読んだ場合は、そのうちの10%しか記憶に残りません。ですが、動画であれば実に95%もの情報を保持することができるのです。

でも、どんな動画を使えばいいのかわからないですよね?

そこで今回は5つの抑えるべきポイントを紹介していきたいと思います。

  1. 短く、要点を簡素に。
  2. メッセージをタイトルにする
  3. SNSの活用
  4. 顧客の声を他の顧客へ届ける
  5. わかりやすく

1. 短く、要点を簡素に。

世の中に動画は溢れかえっています。

一般的に長ければ長いほど、人々は途中で見るのを辞めてしまいます。

わかっています。
それでもいざ動画を作る時になると全てを詰め込みたくなることを。

ですが、アメリカのVisible Measures社が行った動画の離脱率の実験データによると10秒以内で全体の20%、30秒で33%、60秒で44%、90秒では5割以上が離脱をしていたとのことでした。

SNSプラットフォームによって違いますが、動画の最適な尺があります。
ですが、視聴者に伝わる動画の共通点があります。
それは

  • 短く
  • 簡素に
  • メッセージを届け
  • 視聴者に覚えてもう
    です。

2. 検索エンジンと友達になる

動画では、まず人々に見てもらうことが大切です。

まず、一つ質問です。
動画を見るとき、どんな動画をスキップして、どんな動画を視聴しますか?
知らない会社の宣伝動画を視聴して、勉強になるコンテンツ動画をスキップしますか?

より多くの人の目に触れることは、マーケティングコストを抑えることができます。例えば、Youtubeでは、検索結果の上位や、おすすめ動画欄に表示されるようになると、再生数や表示回数は増えていきます。

そのためには、検索エンジンとお友達になることが1番の近道です。確かに広告費を使用し、無理やりユーザーの目に止めさせることも可能ですが、よりコストを抑え、より効果的にマーケティングできたらいいですよね?

検索エンジンも基本的に、人々の役に立つ動画を優先的に検索上位やおすすめに表示します。

要は、検索エンジンを友達にするには、人々に価値のある内容を動画にする必要があるということです。

3. SNSの活用

動画の活用の多くはSNS上で活用することを想定しているのではないでしょうか。

一つ知っておくべきこと、それは自分が普段使っているSNSに投稿すればいいというわけではありません。SNSはそれぞれ年齢層の違いなど特徴があります。

それらを調査した上で、

それは、SNSによって、利用者層が大きく異なるからです。そのため、それぞれのSNSに投稿することで、見られるチャンスを指数関数的に増やしていくことが可能です。

SNSにおける動画の役割とは、それは関係性を構築することにあります。ユーザーはコメントを投稿してくれたり、Webサイトに飛んで質問をしてくれたりします。まさにこれが大事な部分ですが、ユーザーと関係性を気づくことができるのが、SNSの魅力でもあります。

4. 実施の顧客の声を届ける

日本では、顔出しを避ける文化なので難しいのですが、、実際に製品やサービスを使った人から経験を語ってもらいましょう。

それらがあることで、動画を見ている滞在顧客は、「買ってみよう」という気になる可能性が高くなります。

5. わかりやすい動画とは

一般的に動画は安く、短い方がいいとされています。もちろん。動画の種類やSNSによって違います。そして視聴者はテキストを読みません。理解できない、しにくい内容である場合、視聴者離脱します。

効果的なマーケティングは、多額の費用を使えばできるというわけではありません。

顧客に受け入れれられない動画は徐々に消えていき、人気のある動画はより露出を増やすことが可能になります。

上記の5つは最低限のポイントになりますが、いかがでしたか?

動画マーケティングは、日々変化しており、マーケティング担当者は多忙です。

また、社内に専任の担当者がいないケースも多いでしょう。

ですが、動画マーケティングやSNSは、すでに企業活動において重要な役割をすでにになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *