fbpx

Opengate

動画の数値を分析していますか?〜動画マーケティングを味方につけるには?〜

動画の数値ちゃんと確認していますか?大体の方が再生数は確認していると思います。

その他の数字はどうですか?

動画マーケティングを行っていく上で、動画や動画広告を出した後の分析や改善はとても大事になります。

なぜなら、分析をすることで、運用している動画のどこに問題があるのか、どうしたらさらに良くなるのかを数字を用いながら、建設的に考えて改善、検証していくことが可能になるからです。

「なんとなく、こっちの方が反応良かった」ということは、もうやめませんか?


動画の分析とは

まず動画マーケティングの分析の定義として、「視聴者が動画に対してどのように反応したか」になります。

例えば、何人が見たのか、どのくらい動画を経由して購入などが発生したのかなど、それぞれの動画の目的の達成ができたか否かの指標を管理することができるのです。

余談ですが、Youtubeでは、ダッシュボード上にアナリティクスというものがあり、そこから様々な数値を確認することができるようになっています。またGoogle Analyticsなどの計測ツールを利用することで、動画からの流入やサイト内の動画のパファーマンスも確認することができます。

動画マーケティングで確認するべき数値・指標

多くの方が参照する、した方がいい数値はこちらになります。

・再生数

・インプレッション

・総再生回数

・参照元

・デバイスの種類

・再生時間

・アクセス元の地域

・コンバージョン

それでは一つづつ、なぜ重要なのかを解説していきたいと思います。

再生回数

自分がアップロードした動画への視聴者の関心度合いを知るためには、再生回数を確認することが最もわかりやすい方法です。自分のチャンネル内で再生数が多い動画ある場合、自分の動画を見ている人の趣向がわかり、どのコンテンツが人気なのかを知ることができます。

より視聴者を増やすために、関連したコンテンツを作ることで、より視聴回数や多くの人に動画を見てもらう機会を作ることができるのです。

ただし、この数字の注意点として、動画を再生した人の数であり、どこまで見たのか、最後まで見たのかは示していないことを頭に入れておく必要があります。

再生時間

再生された時間を知ることは、離脱した部分を特定することが可能になります。要は、なにがうまくいき、なにがうまく働いていいないのかを判断することができるのです。

もし視聴時間が短いと感じているならば、それは視聴者層と提供しているコンテンツに乖離があるためです。視聴者が望むようなコンテンツをつkルウように心がけてみてください。きっと数値は改善していきます。

もしかすると

・何かを売込みすぎている(営業的になりすぎ)

・動画が長い

・自分が好きなようにだけ作っている

そんなことがありませんか?

もし再生時間が短く、改善したいならば、自分や貴社の動画を友人に見せて客観的なアドバイスをもらうことで、きっと答えがわかるかと思います。

参照元

動画サイトのダッシュボードには、視聴者がどのように流入してきたのかがわかるようになっています。

オーガニックなのか、広告なのか、プレイリストからなのか、おすすめからなのか、それらを知ることは非常に重要です。

その一方、動画サイトの分析だけではなく、Google AnalyticでWebサイトの中で動画がどのように働いているのかというのも調べることができます。

これは、動画経由できた人が、どのような行動をしたかということを分析できるということです。例えば、動画からWebサイトへきた人の何割がコンバージョンしたのか、より多くのコンテンツをみたのかなどの指標が見られるのです。

インプレッション

こちらは広告を出稿した際に、使用される数字です。

見られたか否かではなく、画面内に表示された回数になります。

そのため、インプレッション単体では、あまり意味のない数字となります。

総閲覧数とあわせて見ることで意味のある数字となります。

総閲覧数

こちらは、動画が表示されて実際に視聴者の選択によって再生された数になります。

ただプラットフォームごとに何秒再生されたら1カウントになるのかは違います。

例えば、YouTubeでは30秒再生されると1カウントですし、InstagramやTwitterでは、3秒という違いがあります。

そのため、使用しているプラットフォームの総閲覧数が、どのような数を含んでいるのかは事前に確認しておく必要があります。

デバイスの種類

意外と盲点ですが、デバイスの種類を知ることは大事です。主にスマホ、タブレット、パソコンなどに分類されます。

なぜ大事かというと、それはスマホとPCでは表示するコンテンツの最適サイズが大きく異なるからです。

スマホ向けのコンテンツは縦長、PC向けのコンテンツは横長というような具合です。


最後に

指標はあくまでも参考であり、結果です。「視聴数が少ないな」で終わりにせずに、なぜ再生数が少ないのか、どこで離脱しているのか、どのような行動パターンなのかをしっかりと見極め、改善していくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *