fbpx

Opengate

中小企業が、どのように動画マーケティングを活用すべきか。動画マーケティングのパターン11選[前編]

どのような企業サイズでも、マーケティング手法に動画活用するとトラクションやエンゲージメント向上が見込めますが、どのように動画を活用すればよいかわからない担当者が多いのではないでしょうか。ハード製品を扱っている会社だったら、デモなどの動画が大切になってきますし、スマホなどのサービスであったら料金体系などが大切です。

例えば、楽天モバイルは、料金体験を紹介していますね。

4Gや5Gが主流になってきている2021年。ビジネスシーンにおいて動画経由にて、意思決定に繋がっているケースも増えてきており、動画の効果が高まってきています。今までは、スマホも使用容量が7Gまでと制限などがかかっていましたが、容量が増えてきたことにより、動画を見るユーザーがますます増えてきています。また在宅ワークにより視聴時間が増えています。

動画の成長率

2020年。コロナ化の影響で、在宅も増え映像を見ることが多くなったのではないでしょうか。(僕は、Netflixを見ることが増えました)現在の試算では、2021年には平均して100分ほど一日動画視聴に費やすと言われています。Youtuber, tioktokerなどの個人や企業は、情報を伝えやすいため、動画を上手く活用し、マネタイズに繋げています。実際にある調査では、マーケターの88%がROIが良いと感じていると話していて、92%のマーケターが動画が大切なマーケティング戦略の一つと考えています。実際に貴社は、準備できていますでしょうか。

サイバーエージェント調べ

実際に大きな投資を必要とするものではなく、アイフォンなどのスマホなどを持ち合わせていれば、動画制作を行うことができる時代ですが、どのような目的を持って、作ればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、どのようなパターンがあるのかを紹介していきたいと思います。

動画マーケティングで大切なこと

動画マーケティングにおいて、まず第一段階として何を動画で説明するかを決める必要性があります。プロダクトを説明する動画なのか、営業クロージングの動画なのか、カスタマーサクセスのための動画なのか・・・目的によって作るべきものも違います。そして、一番重要なのが、作りたいものを作るのではなく、消費者が求めている内容に即した動画を作ることが大切です。

一般的な動画の使用方法としては、ブランディングか商品訴求動画です。

実際に、動画を活用するメリットとしては、文字などよりもサービス訴求することができ、視聴者のエンゲージも高く、SNS上ではバイラルしやすいです。たくさんの競合サービスがある昨今では、購入するまでの行動に繋げるためには、ブランドイメージなどといった視聴者のマインドシェアを獲得する必要があり、動画は関心・認知を獲得するためには親和性がかなり高いです。

動画マーケティングの利点

そのため、動画にてストーリーテリングを行い、その接点を作ることが大切になってきています。動画はいわば、メールマーケ、SNSでの発信などのコンテンツマーケティングの一種であり、ストーリーテリングの一番効果的な手法でもあります。大きく3つの利点があるのではないでしょうか。

  • 1.メッセージの伝達 
  • 2. ブランド力向上
  • 3. 消費者の記憶定着

6秒間のバンパー広告でも15分間のチュートリアル動画でも文字などと比べ、記憶に残りやすく、動画などにて勉強した方も多いのではないでしょうか。実際には私は、youtubeなどにて、わからないことを調べることも最近増えました。

動画は、注目を集めやすいため、ブランドの認知度を獲得しやすい傾向が高く、ブランドリフトを目的としても使用することがあります。そのため、動画にはロゴなどを必ず入れ、視覚的に印象に残すことも大切ですが、どのような制作パターンがあるのでしょうか。機能説明、お客様の声、インタビュー、広告動画などといった様々な動画パターンがあります。

次回の記事では、こちらの詳しい内容を紹介したいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *