fbpx

Opengate

アニメーション説明動画は必要? 〜ビジネスモデルを伝えるために〜

自社のサービスをオンラインで説明するとき、どのようにして説明していますか?

文章?実写の映像で話しながら説明?それともアニメーション説明動画ですか?

世の中にはたくさんの種類の動画がありますが、複雑で理解するのが難しいサービスを説明するのに適切な手段は多くありません。

弊社の答えは、アニメーション説明動画です。

アニメーション説明動画とは?

アニメーション説明動画とは、記憶に残るようメッセージを伝えるためのアニメーション動画を指します。アニメーション説明動画は、様々なブランドストーリーを伝える手段として有効です。

  • 新製品の発売
  • ビジネスの概要説明
  • ビジネスの詳細説明
  • オンボーディング
  • ブランドに関してのストーリーテリング

またアニメーション説明動画は、アメリカの企業の87%が、販売力を高めるために使用しており、視聴者とコミュニケーションを取る方法として、効果的な一つの方法として疑う余地はありません。

株式会社RevCommのサービス「MiTtel」の説明動画

アニメーション説明動画とブランディング動画の違い

こちらをご覧いただくとわかりやすいのですが、それぞれの動画には、目的があり、目的毎に表現方法が変わります。

ブランディング動画:一般的により大衆に向けて発信されており、多くの人の注目を集めることが目的。視聴者を魅了するような内容。詳しい内容はあまり説明しない。

アニメーション説明動画:ブランディング動画で興味を持った人が、より詳しい説明を求めて行き着く動画。複雑な内容をわかりやすく説明。

結果的に、動画をみた人は、アニメーション説明動画から

  • 会社の社会的な意義
  • 提供されるサービス、製品

をより理解することができます。

なぜアニメーション説明動画が必要なのか?

まず、アニメーション説明動画を作ろうとしている担当者の方に伺います。なぜ、アニメーション説明動画が必要で作ろうとしているのですか?

まず紙とペンを出して、書き出してみてください。

アニメーション説明動画を使って何を達成しようとしているのか(KGI)、KGIを元にどのようにして今後、動画を作成し展開するべきかの戦略を決めるために、必ず事前に決めて、明確に文章にする必要があります。

そうはいっても普段から考えていないと難しい質問です。

また、担当者だけだと決めきれない部分もあると思います。

まず以下の質問の答えを考えてみてください。

  1. ターゲットは、どの程度、貴社のサービスを知っていますか?(多くの場合、知らない)
  2. ターゲットは、貴社が提供するサービス・製品を正しく認識していますか?(多くの場合、うる覚え)
  3. 貴社のプロモーションは、ターゲット全体の80%に届いていると感じますか?(多くの場合、測っていない)
  4. 貴社のビジネスについて、あなたが話すとき、聞いている人はちゃんと聞いてますか?

これらの質問に簡素の答えを考えてみてください。

そうすることで、何が問題なのか、どこを変えるべきなのか、なにをKGIとして設定するべきなのかが見えてきます。

アニメーションは視聴者との間に感情的な繋がりを構築できる

アニメーションにも様々な種類がありますが、キャラクターや困っている主人公が出てくること映像では、視聴者はその主人公に自分を当てはめて考えます。

その主人公が自分と同じ問題直面していたら?

動画に引き込まれていき、貴社の製品やサービスを使わないと!という気持ちになっていきます。

問題解決の方法を提供できる

視聴者は動画を見終わったあと、主人公の問題が解決されて嬉しいような気持ちになる一方、自分自身の問題の解決方法も見つけたことに気がつきます。

人々の関心は、自分の問題に対して企業が解決策を提供していること、それが現代の社会です。

もちろん完璧な解決策を持っているに越したことはありませんが、問題を認識し、解決策を作って提供していること自体が大事なのです。

短時間で多くを理解できる

30秒のCMって長く感じませんか?

30秒のCMですら長く感じる現代人が、それよりも手間も時間もかかる文章の説明を読みますか?

読まないですよね。

サービスを使うであろう見込み客は、きっと朝食を取りながらスマートフォンで情報収集しています。お昼を食べながら、ビジネスに関しての動画を見ています。

動画を用意しておくことで、ビジネスのチャンスを広げることができるのです。

また一般的に動画はテキストよりも情報量は多いとされており、

1分間の動画で

  • 180万文字に相当
  • Webページ3600枚分に相当

すると言われています。

情報伝達能力に優れている

動画には、ストーリーが組み込まれています。起承転結のような流れになっており、人々の感情がどのように変化していくのかが設計されているのです。

そのため、人の感性に働きかけることができ、貴社のサービス内容や商品について、より人々の記憶に残すことができるのです。

さらに、動画を利用することで、誤解を減らし、より多くの人々に共通のイメージを持ってもらうことが可能となります。

最後に

いかがでしたか?

動画マーケティングについて、どのように行っていば良いのか少しは想像がついたでしょうか。動画マーケティングで何か一緒にできそうだなと感じた方は、ぜひお問い合わせいただき、貴社の抱える課題をお聞かせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *