fbpx

Opengate

採用広報を行う上での、必須ポイント4つ。改善設計が大切です

人事の方であれば、ここ最近、「採用広報」という言葉を聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。なんとなく、マーケティングということはわかりますが、実際どのような活動なのかわからない・採用プロセスに組み込めばよいかわからないのが実情ではないでしょうか。

この記事では、採用マーケティングがどのようなことの定義と大切なことに関して、紹介したいと思います。

採用広報の定義:

採用広報の一番の目的としては、企業文化などを発信し、候補者に自社のことを理解してもらい、「入社したい」と想ってもらうことだと思います。これを実現するには、採用したいペルソナに沿ったコンテンツ配信と戦略づくりが大切になってきます。この2つのポイントは、候補者と良質なコミュニケーションを取る上で欠かせず、顕在層・潜在層どちらにもアプローチ可能になります。最終的なゴールとしては、求める人材グループのリーチ数を最大化することになるはずです。

採用広報で欠かせない要素は、以下の4つだと思います。

コンテンツ

よく会社では「人材が全て」と言われますが、どのように働いている様子・従業員のことを広報してるでしょうか。よくあるパターンとしては、従業員一人の歴史や入社理由をブログ風にして、採用ページに書いているパターンだと思います。メドレー社では、Wantedlyなどにて、働いている従業員の様子を紹介しています。

リード

会社のことを全く知らない優秀な候補者が、貴社のウェブページに訪問し、応募することはほぼありません。優秀な候補者に会うには、どうしたらよいか課題感を感じている候補者も多いのではないでしょうか。そういった方との接点作りのために、食事会、勉強会、リファラル紹介制度などを設置している会社も非常に多くなってきています。「類は友を呼ぶ」ではありませんが、優秀な社員の友人には、優秀な方が多いので、積極的にSNS上で情報発信を行い、採用リード作りを行っていきましょう。タレントプールを作るキーポイントは、経営陣がコミットし、社員に背中を見せることです。

チャネル

採用管理ツール「HRMOS」

顕在層・潜在層が貴社にコンタクトを取るのは、エージェント経由だけではなく、SNS、採用ページ、媒体など多くあります。採用広報では、しっかりとターゲットグループに合ったチャネルを選び、情報発信する必要があります。

リクルーティングプロセスに置いて、どのチャネルからの応募が多いのか、採用決定しているかをしっかりと定量化し、改善してく必要があります。マーケティングでは、当たり前ですが、採用広報では実際にPDCAを回している企業は少ないと思います。しっかりと定量化する必要があり、それを行うためには、「HRMOS」などといったプロダクトを導入すると効果的です。

分析

分析を行うことはとても大切で、エージェント利用の費用対効果、媒体経由の応募数などをしっかりと分析する必要性があります。そして、どのカスタマー(採用)ジャーニーで離脱しているのかなどをしっかり分析する必要があります。

如何でしたでしょうか。このようにまとめてみると、マーケティングでは当たり前に行っているチャネル管理、改善活動などまで手が回せてないことがあるのではないでしょうか。人手が足りず、そこまで手が回らないということがあると思いますが、その場合は弊社の採用広報サービスでサポートすることが可能なので、詳細が気になる場合はお問合せください。