fbpx

Opengate

スマホによる動画市場の拡大。背景と今後の活用の仕方

参考:株式会社サイバーエージェント 2018年国内動画広告の市場調査

動画マーケティング市場の急拡大は皆さんご存知だと思います。スマホの台頭により、動画をどこまで見れるようになり、5Gの観点から動画の時代が来ると言われています。(ずっと前から言われていますが、想定より遅い印象ありますが。。。)

フェイスブック, Twitter, インスタなどのフィードには、動画などが多く表示されていると思います。AWSが普及してきたことからサーバー代が安くなってきた理由もありますが、文字よりも情報が多く含められるので、個人も企業も動画をアップロードしています。

文字でも伝えることもできますが、音やストーリ、それに共感などをすることで、より深い記憶に残り、ブランドリフトにより繋がったりすることが可能になります。

では、企業はどのように動画を活用していけばいいのでしょうか。課題になるのは、制作費などかと思いますが、低コストで制作できるようになったのでその背景などを説明致します。

編集ツールの普及

元々、動画制作が高かった理由に高額な機材、編集ソフトなどがありました。編集ソフトは、数十万円しましたし、高品質のカメラは非常に高額でした。それが、ソフトウェアをが発展してきて、サブスグ型にしたり、無料ツールなどが発展してきており、アマチュアの人でも手が出しやすくなりました。

そうすると、素人でもある程度スキルが磨かれプレイヤーも多くなるので、価格競争が起きます。そうすることによって、編集費などが安くなるため、数万円でも制作することができるようになりました。

また、ハードウェアの分野では、DaVinciという会社が、ブラックマジックというカメラを販売しており、数百万円のカメラでしか撮影できないクオリティーが、数十万の価格帯で撮影できるようになりました。これにより、映画のような映像でも、質の担保ができるようになりましたので、素人目線には違いがわからなくなっています。

AIの普及

さらには、AIによる動画コンテンツの自動作成もある程度普及しているため、元の素材さえあれば、ある程度のクオリティーで動画作成ができます。

最近、日本では、ビデオブレインRichikaなども有名になっています。しかしながら、細かいところの修正は、中々できないので本当にある程度のクオリティーを保ちたい場合、外部に委託する必要があるでしょう。

動画マーケティングの目的

安価で制作することが可能になりましたが、目的がずれていては意味がありません。一般的に動画をマーケティングの文脈で使用する目的としては、以下の3つです。

1.関心・認知を持ってもらう

動画マーケティングを行い、まず自社の製品・サービス・ブランドを知ってもらうことが大切です。そのため、キャッチーな動画にしたり、目立たせる動画にしていることが多いです。

またホンダのような会社などは、企業のブランドをストーリーで共感を生み、リツイートなどをしてもらい、既存顧客ではない層にアプローチなども行ったりしています。

2.情報伝達・商品説明

商品の特徴や使用感、メリットなどそういった情報を入れて、サービスの情報伝達を目的とした動画などがあります。最近では、アニメーションなどを入れて、わかりやすい説明している動画が多いのではないでしょうか。

3.クロージング

スーパーなどにいくとよく見かけますが、食材の使い方など映像で訴えたり、着こなし方などを映像として見える化することにより、店員などが声かけることなく直接クロージングすることなども可能です。使っているイメージなどを映像を通して伝えることで、クロージングすることが可能です。

まとめ

動画コンテンツの制作・管理はとても大変でしたが、クラウドワークスなどといったアウトソーシングサービスの活用でカメラマンをすぐ見つかるようになりました。これからは、動画コンテンツの大量生産がネット上で加速するでしょう。

この流れに送れないように、動画マーケティングを検討してみては如何でしたでしょうか。弊社では、SNS動画を1本5万円から作成していたり、企業採用動画を30万円で作成なども行っておりますので、関心のある方は、お問合せいただければと思います。

Categories:
Tags:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *