fbpx

Opengate

ビデオマーケティングにおける勝ち筋パターン6選

2010年代と2020年代の大きなマーケティングの違いは、動画マーケティングが主流になることだと思います。

むしろ、今も主流になっていますが、5Gの普及と共に大きくマーケットが大きくなります。レポートによると、動画マーケティングを上手く活用している会社は、売上成長率が49%ほど動画活用をしていない会社より高いとのことです。

Youtuberや Tiktokerを見るとよくわかりますが、スマホ世代のユーザーは、テレビよりスマホなどで見れる動画などに繋がりを求め、且つ情報収集しています。テキストと比べ、情報量が多いため、動画に惹きつけられる経験はあるのではないでしょうか。

では、どのように企業は動画を活用すればいいのでしょうか。今回の記事では、動画効果が最大化されるパターンを紹介致します。

1. ターゲットを明確にする

動画作成するだけでは、あまり効果・意味がありません。しっかりとペルソナを描き、その方々に刺さる動画を作って初めて効果がある動画作成になります。上流-下流までしっかり設計して、動画作成・配信までやってこそROIに繋がるので、しっかりまずターゲットを明確にする必要性があります。

では、どのように動画マーケの文脈において、ターゲットを決めていけばいいのでしょうか。

  • マクロデータから(人口動態など)セグメントを切っていき、ターゲットを想定します
  • ビデオを通して、何を得たいのか。ブランドリフト、営業リード獲得、ナーチャリングを行いたいかなど
  • そのターゲットがどのチャネルにいるのか

どの業種、ビジネスでも良いROI 効果を狙っているかと思います。そのため、しっかりとターゲットを決めた上で、仮説を持って、ビデオ検証していく必要性があります。単発の動画だけだと検証しきれない場合がありますので、複数ビデオでROI向上するための施策を行っていく必要性がでてきます。

2. 誰が担当するか

インハウスで内製化するのか、クラウドワークス、ランサーズのようなサイトでアウトソースしていくのか。動画作成チームを社内で抱えている企業は少ないので、外部パートナーに頼る必要がでてくると思います。

映像会社などに頼ることによって、初期投資や制作コスト(内部人件費など)を抑えられるので、外部委託に頼っていたほうがROIはよくなるはずです。しかしながら、ここで問題なのはどの映像会社に頼るのか、フリーランスにお願いするのかがわからないので、最初のパートナー探しが大切になっていきます。」

3. ブランドストーリーを伝える

動画はたくさんの情報を伝えることが可能です。特に、ブランドストーリー伝えることと動画は親和性が高いので、ストーリー作りが大切になってきます。

どのように会社の雰囲気、カルチャー、バリューを伝えるかが大切です。上手く伝えるためには、どのように座組を組めばいいのでしょうか。簡易的には、下記の通りです。

  • ポジティブな気持ちになる伝え方、言葉、コピー選び
  • カスタマーサクセスのストーリーでの親近感作り
  • 個人の経験の抽出
  • ビハインドシーンなどの日常感などの表現
  • トレンドにのる
  • データドリブンの制作

このように見てみると当たり前ですが、一つひとつ確認してく必要があります。

4. ビデオの最適化

配信するチャネル・プラットフォームによって、動画を最適化する必要があります。TwitterやYoutube向けだと全く異なるルールやアルゴリズムですので、そこに併せて動画を作成していく必要があります。

SNS動画(Facebook, Twitter, and Instagram)は、短いほどよいので、なるべく動画は短くしていくのが全体のルールでしょうか.Youtubeなどでは、長くても問題ないので、3-5分の会社動画でも良いと思います。 ビデオのSEO対策では、どのようにしたら良いでしょうか。

  • キーワードリサーチをする
  • タイトルを短くする
  • ウェブサイトにリンクを挿入する
  • タグをたくさんいれる
  • スマホ対応向けのフォーマットにする

5. 字幕を入れる

字幕を入れると、視認性向上やSEO対策に繋がります。日本語のビデオなら英語字幕を入れたりすると英語圏の採用などにも繋がります。

あるレポートによると、字幕挿入している場合、ない場合と比べ、80%ほど視聴率が上がるそうです。Facebookのレポートでもキャプションなどを入れることによって、12%ほど動画視聴時間が上がるそうです。

Youtubeなどでは、自動字幕機能などがありますが、他のSNSではつけられたりしないので、予め字幕挿入などを意識的に行う必要性があります。

6. CTAを正しく設置する

関心・認知を上げるためにビデオを活用することは大切ですが、コンバージョンまでに繋がらないことには意味がありません。

そのため、CTAを正しく設置する必要性があります。アンケートなどを撮ったり、もしくは問い合わせボタンなどを設置することなどできることはたくさんあります。

以下は簡単なパターンです。

  • ビデオの初期にCTAを設置する
  • 類似内容のビデオをレコメンドする
  • ホワイトペーパーや無料トライアルなどにてCVRをを上げる
  • LPなどに自動的に移行する機能を追加する
  • クリックしやすい大きさ、視認性にする

如何でしたでしょうか。今回は、動画作成時における勝ち筋を紹介させて頂きました。もしもっと詳しい情報を知りたい、どのように活用すれば良いかわからない場合は、お問合せください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *