fbpx

Opengate

メガベンチャーも行っている採用広報とは?必要になっている背景を説明

「採用広報」とは何か

「採用広報」とは、企業が求める人材に自社を就職先・転職先として検討してもらうための広報活動です。上記の図ですと、採用のところにあたるブランディング活動です。

コロナ下における「採用広報」。各企業がオフラインでアプローチすることができなくなったこともあり、「採用広報」をどのように行えばよいか迷っているのではないでしょうか。

そもそも、採用広報とは、求める人物像(カルチャーフィット、スキルフィット、コンピテンシーフィットなど)に対して、認知・関心を持ってもらう活動のことを指します。

最近のベンチャー界隈では、社長飯、社長登壇イベント、社内パーティー、エンジニア勉強会、wantedly記事発信などを行い、自社の広報活動を行っていたと思います。しかしコロナの影響もあり、営業商談などはウェビナーになっていますが、採用活動では対応しているところはあまりないのではないでしょうか。

採用活動において、自社に既に関心を持っている顕在層に対してのアプローチは採用広報を行っていなくても影響は大きな影響はないと思います。既に自社を知っていて、応募がある層は、リファラル、SNS、媒体記事などのチャネルから流入してくるからです。

しかしながら、自社に全く興味がない、そもそも自社を知られてない潜在層に対するアプローチは、企業側は能動的に活動しない限り知られることはありません。メディアに取り上げてもらう能動的なアクション、SNSで企業発信をバズらせること、ユニークな取り組みをして「認知」してもらうことが大切です。

この活動を今の段階で意識的に施策に落とし込み、活動しないと来年の夏ぐらいからタレントプールが枯渇し、中々採用したいと思う人が集まらないということが起きるのではないでしょうか。

最近では、会社知名度、年収以外に求められるのが「働き方」、「誰と働くか」、「カルチャーフィット」だったりしますので、この部分も広報が大切になってきます。

Wantedlyが上場し、広報活動が活発になりましたが、現在では数多くの企業が発信しているため、コンテンツが埋もれがちです。そのため、新たなチャネルでの広報活動が生まれると考えています。(youtube,standfm, twitterなどを活用している経営者も多いのではないでしょうか)

なぜ、この事業を行っているのか、このフェーズで働く理由などを積極的に発信し、共感してもらうことが大切になってきます。

企業にとって「採用広報」活動が欠かせなくなっている理由

このような活動が必要になってきた背景には、求人倍率が高くなってきており、採用難になっていることが一番の理由です。また、就職に求める価値観の変化も理由に挙げられます。前述した価値観の一致などを求職者側が求めるようになってきているからです。有名所では、メルカリは、「メルカン」という採用ブログなどを作り広報活動したり、ダイレクト・リクルーティングで有名なビズリーチは、デザイナーブログなども自社内で用意し力を入れています。DeNAもフルスイングという採用メディアを立ち上げています。

所謂、メガベンチャー、ユニコーン企業でさえ、本気で採用に力を入れている中、採用広報に力を入れないベンチャー企業は、採用できない時代がきているではないでしょうか。

これから人材が減っていくに連れ、採用できる企業とできない企業に分かれていくため、採用広報に加えて、ビジョン、ブランディング戦略の上段部分の設計も大切になってきます。そのためにストーリーテリングが得意な人の採用やコンサルティングビジネスも増えてくるのではないでしょうか。SNS上で情報に埋もれている求職者に対して、自社の価値観などを発信する情報発信がこれからは大切になってきます。

弊社では、動画を活用したメディア戦略コンサルティング事業を行っており、従業員の1分動画インタビューやコーポレート動画作成などを業界最安値で行っております。サイボーズ様やToyota singaporeなどの動画制作、編集をアジアで行っているため、安値でクオリティーも安定して提供することが可能です。ぜひご興味のある方は、ご連絡ください。

Categories: