fbpx

Opengate

採用動画の事例 2020年版 動画の種類と活用について

採用動画を作るのは大変ですよね。どのように作ったら良いのかわからないし、なにから始めたらいいのかと途方にくれている担当者の方も多いのではないでしょうか。

そんな方に本記事では、他社の採用動画の制作事例と、その後の運用方法の考え方についてご紹介させていただきます。

他社の事例3選

動画を作る時って必ず他社さんがどのように作っているのか気になりすよね。そこで今回は、私目線で心を動かされた他社の採用動画を共有します。

八幡自動車商会

インタビュー形式ですが、非常に時間の流れがゆっくりで、また話者の世界観に入り込んでまうような全体の映像のトーンです。また、同社があるであろう大地の美しい映像もあり心が引かれました。

インタビュー映像ってどこも同じで、正直違いを感じさせるのは難しいです。八幡自動車商会さんの映像はもっと聞きたい、この方にあってみたいと思わせる映像に仕上がっています。
また会社のことを全面に紹介するわけでもなく、過去のストーリーを話しているだけなのですが、人選と映像の雰囲気が重みを加え、より効果的な映像になっています。
同社に興味がある人も、全く興味がなかった人でも思わず見てしまう映像です。

RFA digital brains株式会社

こちらはカメラワークに差をつけること、またテンポよく話と場面が切り替わっていくことで、視聴者を飽きさせないようにしています。内容は、どのような能力が必要になるのか、具体的に仕事上で嬉しかったことなど、実際に働いている人の価値観を伝える映像です。
基本的には、同社に興味のある学生が対象になると感じます。採用動画で思い浮かべるのは、こちらなのではないでしょうか。

NTT西日本 採用コンセプトムービー

過去の歴史、未来を提示し、会社の方向性を明示している動画です。業務やどんな人を求めているかなどの一般的に話がちな内容を伝えてわおらず、同社に興味がない人でも思わず見てしまうような映像です。こちらは同社に興味がある人もそうでない人も見てしまう、母集団形成をするような動画といえます。

ただ作るだけでは効果がでない?作る上で意識すること

上記の作例1-3を見ていただくとわかる通りですが、採用動画と一言に言っても内容は全く異なります。まずはこちらをご覧ください。Googleが提唱する3Hの法則と採用フェーズ毎に必要なアプローチをまとめたものです。

動画には、様々なフェーズ毎の分け方がありますが、一般的にHERO, Hub, Help動画の3つに分けることができます。

HERO動画とは?

主に大衆向けで「おーかっこいい」「なんか凄そう」「なんなんだろうこれは」ということを感じてもらい詳しく検索や詳細を見てもらうための最初の入り口になります。

「なんか凄そう」と動画を見て感じて、動画の最後に〇〇で検索などと書かれていたら思わず検索してしまうのが、HERO動画です。

Hub動画とは?

詳しく知りたい!思った方が検索をし、より詳しい情報を得ることができる動画です。例えば、その商品がどこで作られているのか、どんな想いで作られているのか、どのように手元まで運ばれてくるのかなどです。商品の場合、この段階でいいなと思ってもらえると「購入」に繋がることが多いです。

Help動画とは?

こちらは、商品を買った人が、「どのように使えばいいのか」、「どのように使ったら効果的なのか」などの購入した方が抱くであろう疑問に答えるための用意された動画です。これらを全て用意しておくことで、動画を効果的に使えるという理論です。

さて、これを採用に当てはめてみるとどうなるでしょうか?

HERO動画のフェーズ

HERO動画の役割は、母集団形成と認知になります。基本的にYoutubeやSNSの広告、求人媒体に載せるなど不特定多数に配信していくことを前提とします。

そのため、日々の詳しい業務の話や代表のインタビューよりも、「なんとなく動画が面白い」と思ってもらわないとターゲットが広いため効果的ではありません。そのためこの段階では、面白さや潜在的な候補者が好きそうなコンテンツを考えて動画にする必要があります。

そうして集まった候補者はすでに貴社のことに興味があります。Youtube広告であれば、Googleの検索やCTAボタンなどから流入します。求人媒体であれば、張ってあるリンクから貴社のホームページへ飛ぶでしょう。

Hub動画の役割

Hub動画は、HERO動画で「なんとなく面白そう」と思ってくれた人に対して、エントリーをしてもらうための動画です。

具体的には、「企業文化」「日々のイメージ」「大事にしていること」を様々な形で伝えます。例えば、企業文化を伝えるには、役員や代表のメッセージをベースに構成する。「日々のイメージ」を伝えるには、社員のインタビューに社内の様子を混ぜた構成にする。「大事にしていること」を伝えるには、ナレーションを作成し、それに適した映像で構成するなどです。

採用したい候補者がどのような層なのかによって、これらの選択は全く違うものになります。若手を採用したいのであれば、社員インタビューの方が身近に感じてもらえるかもしれません。中間層や幹部採用であれば、より具体的な経営方針かもしれません。また、ターゲット層に応じで、全体の色味や雰囲気、BGMも明るめにするなどを考慮します。

Help動画の役割

こちらが一番イメージしにくいのではないでしょうか。Help動画はいわゆるアフターフォローです。内定を出した候補者に対して、「それでは、来月からよろしくお願いいたします」だけだと不安になってしまいます。(入社前の研修等はあると思いますが)

そこで動画を活用し、「〇〇社で働くとはどういうことか」や「先輩社員の1日」、「先輩社員のインタビュー」また会社独自のルールなども動画化して事前に共有できるようにしておくことが望ましいです。

なぜなら、Help動画は出てくるであろう疑問や不安に答えるための動画だからであり、有効活用することで、初日からよりスムーズに働き始めることができます。さらに、スムーズに環境に慣れることは、離職率の低下にもつながっていきます。

事例から見る3H戦略

さて、ここでもう一度、冒頭に紹介した八幡自動車商会の事例を、3Hの法則と共にご紹介します。

まず本動画ですが、Hub動画に当たると考えています。

仮にこの動画を使って募集するのが営業職などの比較的、母数の多い職種であれば、Hub動画に該当します。なぜなら、ここまで詳細に語るということは、ある程度、エントリーを前提とした人が見ると想定されるからです。

募集が専門職の場合は、Hero動画で認知拡大を狙ったことも考えられます。他社がやっていないようなかっこいい映像を見せることで、なんとなくかっこいと思ってもらい、説明会にきてもらう数を増やすという戦略かもしれません。

そして、題名が「日本で初めてランボルギー二を車検した職人」と題しており、車好きな人にもアピールしているのは明白です。また、「ランボルギーニを日本で初めて」という文脈から、古き良き文化などを大事にしている人にも訴求効果は高そうです。

最後に

本記事の結論としては、自社の採用ターゲットを明確にし、使用する目的によって動画の内容を変えていくことが、効果的な動画マーケティング戦略に繋がるということです。

またフェーズ毎に適切なコンテンツを配信していくことで、オンボーディングにも役に立ちますし、最終的には離職率の低下にもつながっていくと考えています。

また、本記事を読んで動画マーケティングで何か一緒にできそうだなと感じた方は、ぜひお問い合わせいただき、貴社の抱える課題をお聞かせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *